【紹介】平塚市の特徴をご紹介

横浜駅から東海道線で約33分のところにある平塚駅、都心から程よく離れた環境で静岡にもアクセスが良く圏央道・東名高速へのアクセスも良い立地です。

今回はそんな平塚駅を横浜生まれ平塚育ち(20年)の私が街の魅力をご紹介したいと思います。

もっと詳細を聞きたいという方はこちらからお問い合わせくださいませ。

平塚駅
総合公園
ららぽーと平塚

平塚駅

まずは平塚のメインスポット平塚駅のご紹介です。駅の特徴は北側・南側で雰囲気が大きく異なっており南側は海まで一直線に整備された道が特徴で学生時代はその道をまっすぐ歩いて海まで行き海で黄昏たり泳いだりしたものです。 河野太郎さんの事務所なども平塚駅の南側に面しており、南海側はベッドタウンといった雰囲気です。打って変わってきた側はラスカをはじめとして梅屋・ユーユー館や商業ビルとパールロードといった商業施設が多くある場所、関東にお住まいの方なら知っているかと思いますが、日本3七夕祭りで平塚駅もノミネートされております。 今でこそ開催期間が3日と少なくなってますが、昔は1週間屋台が立ち並ぶ場所です。普段の買い物などは駅前を利用すれば事足りてしまいます。

総合公園

続いては平塚市のおっきな公園 平塚総合公園のご案内です。 スタジアム平塚を中心とした湘南ベルマーレのサッカー観戦を楽しむのも良し!4月にはお花見をするのも良し!夏は人工小川で川遊びをするのも良し!秋にはわんぱく広場で動物と戯れるのも良し!冬は紅葉を満喫するのも良し!と四季折々の楽しみ方をする事が出来る公園です。広さも30ヘクタールあり行くたびに様々な発見があります。犬の散歩やお子様の遊び場に良いスポットです。

ららぽーと平塚

最後はこちら大型ショッピングモールのららぽーとのご紹介! これが出来てから何か欲しい時はららぽへというぐらいヘビーユーザーになってます。辻堂にもテラスモールという大きなショッピングモールがありますが公共機関以外でのアクセスが少し悪く子供たちを連れていくとしたら大体がららぽーとになります、いつも行くたびにガチャガチャをねだられ時にはトイザらスでおもちゃを買わされ・・・とありますが衣食住の2が揃うので何かと便利で足しげく通ってしまいますね。 ここから総合公園も近いですし、129沿いを北に行けば大型家電屋さんが2店舗とニトリもあり、平塚のメインスポットになりつつあります。 もう少しすると倉見駅との直結するツインシティ計画というものが現在竣工されておりどういった風に平塚市の東側が発展するのか今から楽しみです。

以上が平塚市のメインスポットのご紹介となります。

次回は私が愛してやまない平塚の餃子屋さんと焼肉屋さんを紹介したいと思いますので、ご期待ください。